アイシャドウのコツ

 

 

基本的なアイシャドウの塗り方を理解する前に、パレットの色の役割を把握することが大切です。
3種類のカラーが用意されているタイプのパレットだと、もっとも薄い色、もっとも濃い色、薄い色と濃い色のあいだぐらいの濃さの色があります。

薄い色はまぶたの全体に塗り、濃い色は目のきわといって、目を開いた状態での目とまぶたの境目の部分に塗ります。
そして薄い色と濃い色のあいだの色に関しては、眼球周囲にあるくぼみの中である、アイホールに色を入れることになりますので、覚えておきましょう。

塗る際には、薄い色、中間の色、濃い色の順番に色を入れていって、仕上げに色の境界をぼかしましょう。
ブラシで境界部分を往復すると、境目が目立たなくなって、きれいなグラデーションカラーに仕上がります。

また、アイシャドウのチップに関してですが、薄い色に関しては塗る範囲が広いので、大きめのものでも構いませんし、むしろそのほうが素早く作業ができていいのですが、濃い色に関しては小さいチップを使用して、少しずつ目のきわのところにのせていったほうが失敗しにくいでしょう。

なお、アイシャドウを購入するにあたりどのカラーがいいのか迷うというアイメイク初心者が少なくありません。
まずは失敗したくないということであれば、ブラウン系のカラーがいいでしょう。

無難な感じがするかもしれませんが、旬のナチュラルメイクとの相性はブラウン系が抜群です。

だんだんと慣れて上手くグラデーションをつくれるようになってきたら、自分のなりたいイメージに合ったカラーのアイシャドウを選ぶとよいでしょう。

 

アイメイクの基本
マスカラの塗り方
ナチュラルアイメイクの方法
デカ目になるアイメイクについて
アイラインの引き方
一重のアイメイクの方法
二重のアイメイクの方法について
アイシャドウの塗り方について
アイメイクの落とし方
アイメイクの順番について

 

サイト内ページ一覧

トップページ